イタリア人男性の驚くべきナンパの実態

イタリア人は、女性をナンパするときは、とても頭がキレます。「どこからそんな言葉が出てくるのか?!」と思うような映画のようなセリフを簡単に口にします。私が、イタリアにいた中で聞いたセリフや、状況をお話しします。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

ケース1.ナポリ駅に着いて10歩目に。(ナポリ)

イタリア人男性のおどろくべきナンパの実態、ナポリで

ナポリに旅行を行った時、ナポリ中央駅を降りて10歩ほど歩いたら、急にイタリア人男性が、「天使が舞い降りた。」と話しかけてきたので、『宗教熱心な人か、ちょっと不思議な人かな。』と思っていたら、「君は、ナポリに舞い降りた、僕の天使だよ。」と言い、ナンパだと、発覚しました。

対処策

「私は、あなたの天使ではありません。」とクールかつ、丁寧にお断りしました。
しかし、なかなか諦めてくれないので、振り切ろうとしていたところ…

ケース2.困っていたところにきた救世主?!(ナポリ)

イタリア人男性のおどろくべきナンパの実態、ケース2

「そんなにひつこく誘ったら、困ってるじゃないか。大丈夫かい?」と、違うナポリ男性が、割り込んで追い払ってくれたので「私にも天使が舞い降りた!」と内心喜んで「ありがとうございます。」とお礼を言うと、「大変だったね。ナポリはナンパ多いから、気をつけてね。時間あったら、カフェでも行こうか?」

……。ナンパするための驚くべきナンパの重ね技でした。

対処策

こちらもクールかつ丁寧に「急いでいるので、結構です。」とお断りしました。

ケース3.スーパーマーケットに行く途中で。(シチリア)

イタリア人男性のおどろくべきナンパの実態、スーパーで

買い物をしようと一人で道を歩いていたら、急に一人のシチリア人が、「君は僕の愛だよ。」と、急に行ってきました。

対処策

クールかつ丁寧に「いいえ。あなたにとって、私は愛ではありません。」とお断りしました。

ケース4.電車の中で(ナポリ)

イタリア人男性のおどろくべきナンパの実態、電車の中で

「一度どこかでお会いした事がありませんか?」と話しかけてきたナポリ人、『またナンパか。ナポリ人にしては、ベタな事言うのね。』と思いながら、「いいえ。ナポリに来たことは今までないので、違う人だと思います。」と言うと、「それじゃあ、きっと、夢の中であなたに会ったことがあるんだよ。」と返してきました。

そのあまりにも上手なナンパトークの返し方に笑いそうになりました。

対処策

「私は、あなたの事知らないですし、今大切なお話をお友達とメールしているので、忙しいです。」ときっちりお断り。電車だったので私も、彼から遠ざかる事が出来なかったのでメールを忙しくしているフリをしました。

イタリア人のナンパには毅然とした態度で

イタリア人男性のおどろくべきナンパの実態、毅然とした態度で

このように、イタリア特にナポリより南は、ナンパが日常茶飯事です。

日本人女性は、人気があるのでたくさんの人が近寄ってきます(私がモテるという自慢ではありません、念のため)。

ハッキリと「NO」を伝えないと、本当にしつこく来ます。愛想笑いは、厳禁です。イタリアには、愛想笑いという習慣がないので、笑っているだけで、「押せばいける。」と思うのだそうです。驚くようなセリフですよね。イタリア人は、ロマンチック(?)なんですね。

執筆者;Maki C(ペンネーム)

日本の音楽大学でイタリアの文化に触れ、イタリアにいつか住みたいと夢見ていました。
30歳を過ぎた頃に、イタリア旅行のために語学の勉強を独学でして、現在翻訳・通訳の仕事をしています。数年イタリアと日本の往復の生活をし、ただいま、ビザ獲得にむけて格闘中で、今年より晴れてイタリア在住予定。

スポンサーリンク
スポンサーサイト