スポンサーリンク

インドネシア、バリ島海外生活の言語環境とは

インドネシアでは、みんなインドネシア語を話しているのかと思いきや、そう単純ではないようです。インドネシア、バリ島で海外生活を送る日本人主婦が、ご近所さんとの井戸端会議に使う言語について、解説してくれました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




インドネシアの言語環境

インドネシア、バリ島の海外生活、インドネシア語

日本の国語は言うまでもなく日本語ですよね。この標準語に各県や地方で使われる方言が加わると狭い日本でも日常会話で使われる言葉はたくさんあります。

インドネシアも国語は第1言語としてのインドネシア語なんですが、日本と大きく異なっているのが第2言語というものがあるんです。その数がまたすごいんです。

第2言語の数ってどのくらい?

インドネシアで海外生活、第2言語の数

インドネシアという国は1万3000以上の島で構成されていて300以上もの民族から成る多民族国家(だからインドネシア共和国というのが正式な国の名前なんですよ)です。

第2言語は民族によって違います。同じ民族でも地域が違えば言語も違っていたりするので全部でその数なんと600近く!

第2言語(地方語、会話言語とも言います)は、単語のみならず文法までもがそれぞれ異なっているので、同じインドネシア人同士でも第2言語が違えば会話ができません。

例えば、私の住んでいるバリ島はバリ語、ジャワ島では東ジャワ語や西ジャワ語など、パプア辺りではパプア諸語といって部族ごとに言語が変わりこれまたすごい数なんですよね。

同じインドネシアという国に住んでいながら、別の島へ行ったインドネシア人が隣で話しているその島のインドネシア人の言葉がまるっきり外国語のように聞こえる、っていうこともままあることなんです。

どこで第1言語と第2言語を使い分ける?

インドネシア語が使われるのはどこ

テレビやラジオの全国ネットで使われるのは、インドネシア語です。

お役所でも対応するのはインドネシア語。学校でも授業の時はインドネシア語。教科書もインドネシア語です。

つまりは第1言語のインドネシア語は公用語として公共の場で使用されることが多いんです。

同じインドネシア人でもどこの島の人か判断が付かない時や知らない人には、まずインドネシア語で話しかけます。その後、同じバリ人と分かると、バリ語で話しを続ける、なんてこともよく見られます。

また、出身地以外の島へ仕事に行く人たちは、その島の言語が話せないので、インドネシア語を使用します。

日常生活では、それぞれの地方の言語が使われています。近所のおばちゃんたちの井戸端会議はこの第2言語ばかりです。

学校教育での地方語

インドネシアの海外生活、学校教育での言語

学校教育でも、国語のインドネシア語の授業の他に、第2言語の地方語の授業がちゃんとあるんですよね。きちんと学校の科目のひとつになっています。

地方語は、インドネシアという国に統一される前からのその島の国語として使用されていたからでしょう。

我が家の子供情報によると、学校では休み時間に先生もいきなり第2言語で子供達と話すんだとか。休み時間のみならず、授業中でもうるさくしてる生徒には、バリ語でビシッと叱るらしいです。感情を出しやすい言語がとっさにでてくるんでしょうか? 先生も人間味出てますよね(笑)。

みんながみんなインドネシア語を話せるわけじゃない

インドネシア人ならみんなインドネシア語が話せるわけじゃない

インドネシア人ならみんなインドネシア語が話せるというわけではありません。それは、インドネシアの国の歴史的背景に理由があります。

戦後教育を受けていない年代のお年寄りや、貧困のために学校に行っていない人たちの中には、インドネシア語を聞くことはできるけど話すことができない、という人が大勢いるんです。

私の家の近所のおばあちゃんたちは、私と話をする時にバリ語でしゃべっている中に知っているインドネシア語を混ぜて使うので、おもしろいんですよね。

一生懸命にコミュニケーションをとってくれようとしているのは、嬉しい限りです。かくいう私は、そんなおばあちゃんたちと逆で、バリ語を聞き取ることはできてもしゃべれません。インドネシア語で手一杯です(笑)。

インドネシア人はバイリンガル

インドネシアでの海外生活、インドネシア人はバイリンガル

インドネシア語と地方語を使い分けるインドネシア人って、考えるとすごいことですよね。文法も語彙もまるっきり違う言葉なのにちゃんとその使い分けができるなんて! 

インドネシア人は生まれたときからバイリンガルなんですね〜。(笑)

執筆者:harudai(ペンネーム)

プロフィール:国際結婚で2000年からインドネシアバリ島に住んでいる主婦兼二児の母。「郷に入っては郷に従え」精神で、ご近所の方々に助けてもらいながらの日々の生活。未だ、近所のおばちゃんたちから学ぶこと多し。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク