スポンサーリンク

北京在住者は見た!中国人の恋愛・結婚観

海外で生活していて、色々な経験をしましたが、その中でも中国の恋愛・結婚事情に関してはとても驚かされました。国が違えば文化が違うのは当たり前ですが、日本のお隣の国でこんなにも違うのか、と思うくらい、独特な物でした。今回は中国の恋愛や結婚について、私がびっくりしたことをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「初恋」は20歳を過ぎてから?

中国人の恋愛観、結婚観、初恋

中国では昔、「早恋(若いころから恋愛をすること)」が禁じられており、結婚するまで恋愛をしたことがないという人も多くいたそうです。

その名残で、私と同じくらいの年代(80年代生まれです)の中国人の友人の中には初めての恋人は大学を卒業してから、という人や、まだ恋人を作ったことがないという人も少なくありませんでした。

ただ、こう言った習慣は近年だんだん薄れてきていて、「90后(90後)」と呼ばれる世代の若者たちは自由な恋愛を楽しんでいるようです。

中国人との国際恋愛

中国人との国際恋愛
私は中国で暮らしている間に、中国人男性と日本人女性の国際カップルをたくさん見てきました。日本人女性からすると、中国の男性は優しいし積極的なので、接しているうちに好きになってしまうという事がよくあるようです。中国の男性は家で料理をする習慣があったり家事を日常的にしている方が多かったように思います。

また、中国人と恋愛をしていくうえで避けられないのは家族との付き合いですね。中国人は家族をとても大切にしますし、家族のつながりを重視します。

なので、付き合い始めるとすぐに両親に紹介されたり、日常的に家族ぐるみで食事に行ったりという事も少なくありません。

私はそういった経験がなく、どのように家族と接したらいいのかわからなくて困ったこともありました。中国人同士ならそれが当たり前なのですが、やはり外国人の立場からすると独特で戸惑うことも多いと思います。

伝統的な結婚の条件と『裸婚』

中国人の結婚観

中国人は、自分の家族をとても大切にする文化を持っていますが、結婚に関してももちろんそれは同じです。まず、両親や家族が同意してくれない相手と結婚することは難しいと言えます。

中国では昔から「有车有房」と言って、車と持ち家(!)を持っている男性でなければ、結婚できないと思われています。車も家もない男は家庭を持つべきではない、という考え方があったとも言えます。

結婚してから賃貸物件に住むなんてありえない!という事らしいのですが、日本では車がなくても困りませんし、結婚してからも賃貸物件に住んでいる方が大勢いるのであまり受け入れられない考え方ではないでしょうか。

家や車がない状態で結婚式も挙げず入籍だけすることを『裸婚』と呼び、この言葉は2010年ごろにブームになりました。

『裸婚』をテーマにしたドラマも放映され、「80后(80後)の中で『裸婚』が流行し始めている」と中国国内で言われるようになりました。

ブームにはなったものの、これは『裸婚』が認められたという事ではなく、やはり80后(80後)の親世代は伝統的な概念を持っているため、『裸婚』をするわが子を嘆く方も少なくありません。

中国人の恋愛観にも変化が

中国人の恋愛・結婚観にも変化が
恋愛事情にはお国柄が反映されますが、私も中国で暮らしていた短い時間の間に色々な経験をしました。また、私が中国語を勉強し始めた2000年代から今までには大きな動きがあったように思います。

今でも中国の伝統的な概念は残っていながらも、海外の色々な要素を取り入れて新しい恋愛や結婚のスタイルがどんどん中国に入ってきているようです。国際結婚も昔よりかなりたくさんあると思いますし、これからもどんどん変化していくのだろうなと思うととても興味深いです。

執筆者:さきむち(中国語学習歴10年以上、北京居住歴3年)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク