海外の求人情報はどうやって探せばいい?おすすめな5つの方法

たった200年ほど前までは、日本は鎖国状態にありましたが、それが過ぎれば、日本人は海外旅行に行ったことがない人の方が、行ったことがある人よりも少ないような国になりました。

そして、海外へ駐在として送られる人もいますが、自ら海外就職を希望して海外へと飛び立つ達という人もいます。

そんな人は、どのようにして海外での求人情報を得ればよいのか、海外で求人情報を探す5つの方法をみてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




1.日本の海外就職サイトに登録する

海外、求人、ネットで探す

日本には今、海外就職飲みを扱っている海外就職求人サイトがあります。そのサイトに登録してみましょう。

そうすれば、自分が求めている国、職種、給料、それに待遇や場所などが紹介されていたりしますので、そこから就職するチャンスを見つけ出すことができます。

様々な国を扱っているので、あなたが行きたいと思っている国がマイナーな場所でもいくつかヒットするはずです。

2.海外に行って派遣会社や転職エージェントに登録する

海外、求人、ネットで探す

もう海外に直接行き、派遣会社や転職エージェントに登録しに行きましょう。

1軒だけとは言わず、何軒も登録して、紹介してもらう幅を広げるというのもポイントとなりますので、いくつかの会社に登録しましょう。

そうすれば、常にあなたに合うような会社を紹介してくれるので、若干調べる手間も省くことができます。

3.商工会議所を使おう

海外、求人、探す

各国には、現地に住む日本人によって構成されている商工会議所というものが存在します(すべての国にではありませんが)。そこでは求人の受け付けをしています。

主に日系企業や日本語と現地の言葉を使う企業がそこに求人を出すのですが、まずは、履歴書を商工会議所に送付し、それがこういった登録されている会社に情報を流し、あなたのことが気になれば、企業側からプッシュがくるという手法です。

4.友人や知人伝いに紹介してもらう

海外、求人、ネットで探す

これだけインターネット社会になったとはいえ、結局、仕事は、人と人との繋がりがなければ成り立たないものです。

そこで、現地で働く友人や知り合い、それに、あなたがステイしている場所の大家さんなどから何か求人をしている会社はないか聞いてみましょう。

特に、日系の場合は、海外でつながっていますから、大家さんが日本人であれば、日系会社の人とのつながりもあり、求人をしているという話も頻繁にされているので、チェックしましょう。

5.直接現地の会社に連絡する

日本の格安SIMカード

自分が入りたいという現地の会社があるのであれば、もうそこに直接メールなりでやり取りをしてしまってよいでしょう。

1度断られても、2度、3度とやってみてかまいません。そうすればあなたの意思が伝わりますから、直談判という方法も選択肢に入れておきましょう。

海外での求人情報を得ることは日本にいながらにもできますので、海外へ行く前から、このような方法で求人情報をつかんで、自分に合った仕事が海外でもできるようにしてみると、楽しい海外就職生活が待っています。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク