スポンサーリンク

海外転職を成功させるための方法とコツ

海外への転職に憧れる人は多いのではないでしょうか。

堅苦しい日本のサラリーマンではなく、もっと自由に働きたい。自分の語学力を海外で最大限に生かしたい。グローバルなビジネスにチャレンジしたい。

様々な想いがあると思います。しかし、海外での就職は様々なハードルがあることも事実。今回は、そんな海外での転職を成功させるコツについてまとめていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




TOEICで自分の英語力を把握する

海外転職、英語力

海外転職を考えた時に、企業から評価される点数はおよそ700点以上からです。駐在員候補の求人へ応募するなど、ビジネスレベルの英語力を求められている場合は、700~850点程度を想定されています。

海外で働く上で英語力は必須です。

外資系企業などにおいては、「テストよりも実践の会話スキルがあるか」ということを重視されることも多いですが、TOEICはビジネス文書の読解などが出題されるため、英語で仕事をしたいと思っているのなら受けておくべきテストです。

また、このテストを受けることによって自分の英語力がどのレベルなのかを客観的に把握することができます。そうすることによって、実際にどんな仕事ができるのかも自ずと決まってきます。まずは、自分の英語力を日本で最大限まで高めることに集中しましょう。

自分の得意分野を磨いておく

海外転職、専門職

海外に行ってから、「全くやったことが無い新しいこと」をやるのはとてもハードルが高いです。日本である程度専門性を身につけ、実務経験を積んでから海外進出する方が得策。

資格系で言えば、美容師や看護師、建築関係は現地でもそのスキルを役立てることができると思います。

しかしそのような専門職に就いているという人も少ないはず。そうであれば、営業や事務などでも、今自分が行っている業務のスキルを最大限に伸ばしておきましょう。

特にコンピュータの扱いなどは全世界共通ですので、スキルとして認めてもらえる部分です。

ただやみくもに海外に行きたい!と考えるのではなく、「自分は日本で何をやってきて、何が得意なのか」ということをしっかりとアピールできる状態を作ることが大切です。

複数の転職エージェントに登録する

海外、求人、ネットで探す

海外の求人に応募する方法は、

  • 求人広告を自分で検索して応募する
  • 転職エージェント経由で紹介された求人に応募する

の2つに大きく分けられます。

たった200年ほど前までは、日本は鎖国状態にありましたが、それが過ぎれば、日本人は海外旅行に行ったことがない人の方が、行ったことがある人より...

両方のパターンで仕事探しを行うことをおすすめしますが、一度プロのエージェントの相談に行っておいたほうが良いでしょう。

自分の今までの経歴と語学スキルを提示し、どのような企業が現実的に入社できそうなのかを客観的な視点で診断してもらうことができます。

また、応募先の企業がどんな会社なのかという細かい情報を持っているので、やみくもに応募するよりも自分の希望する条件で転職できる可能性が高まります。

エージェント経由での転職は、担当になるアドバイザーの力量もとても重要です。大手1社のみに登録するのではなく、複数社と契約して比較検討しながら就職活動を進めていくのがポイントです。

海外転職の実現に向けて

海外転職、成功

以上、海外転職を成功させるコツをまとめました。海外転職とはいえ、「自分のこれまでの経歴×英語力」が基本となります。それらをしっかりと高め、納得のいく転職活動をしましょう!

海外移住や駐在、長期滞在などが決まったとき、不安要素の一つが現地の言葉ではないでしょうか。英語ならともかく、そのほかの言語が現地語となると、...
海外生活を始める前にはいろいろな疑問が出てくると思います。そして、ちゃんとやっていけるのかなと不安がいっぱいになるでしょう。 そこで私...
EUの中で5本の指に入る失業大国、スペイン。正規雇用どころかアルバイトすら見つからないまま、気が付けば移住から半年が過ぎていました。国境の小...
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク