ボルシチはウクライナ料理、ロシアの家庭料理と日本食事情

ロシアのレストランや地元料理のご紹介や、日本食が食べられているか、日本食材が手に入るかどうかなどについて、主に私が留学していたときの経験を交えて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

ロシアの家庭料理


留学していた頃、私は知り合いのつてでホームステイ先を見つけることができ、70代のおじいさんおばあさんの家で約1年間お世話になりました。

食事を作ってもらう契約ではなかったのですが、時々食事を用意してくれていることもあり、その時良く食卓に上がったのが、グレーチカという蕎麦の実を使ったおかゆです。ロシアでは主食としてパンやお米、じゃがいもを良く食べますが、このグレーチカも良く食べられます。

グレーチカをお湯で煮込むと柔らかくなり、そこに塩を入れてバターを上にトッピングすれば完成です。一見素朴な料理ですが、お腹もいっぱいになり、栄養も満点なのでとても気に入っていました。

ボルシチはウクライナ料理

ロシアの家庭料理と言えば、ボルシチが思い浮かびますが、実はボルシチはウクライナ料理です。

また、日本のお味噌汁のように毎日食べているイメージがありますが、こちらの家庭では殆ど出てきませんでした。

私がロシアでボルシチを食べたのはクリスマスや誕生日、キャンプなど、特別なイベントの時に日本人留学生向けに作られた際です。家庭にもよるのかもしれませんが、実際は食べる頻度はそんなに多くないのかな〜と感じました。

ちなみにロシアでは肉も魚も野菜も輸入品が多いので高く(ロシアの場合、物流の整備遅れや仲介業者の増加で輸入品の価格が高騰しています)、牛肉などの食材が手に入りにくかったためかもしれません。

屋台・レストラン

留学時代よくお世話になったのが、ブリヌィというクレープのような食べ物です。ファーストフードのようなチェーン店で売られていて、具は生クリームや果物といった甘いものから、キノコやじゃがいもなどご飯系のメニューまで種類豊富でした。

私のお気に入りはキノコクリーム!週に2〜3回食べに行っていました。他にも屋台がちょこちょこ立っていて、良く食べていたのは日本でもお馴染みになってきたケバブです(現地ではシャウルマと言います)。

もちろんピロシキも売っていますが、日本で売られているようなカレーパンのような揚げパンではなく、パイ生地にキャベツやひき肉やじゃがいも、お米といった具が詰まっているものです。ただ、屋台はあまり衛生的ではないので、お腹の弱い方にはおすすめできません・・。

ロシアのレストランはとても高級

ロシアのレストランはとても高級、ロシアの食事情

なぜ私がファーストフードや屋台にお世話になっていたかというと、ロシアではレストランがとても高級だからです。学生の身分ではとても行けるような場所ではありませんでした。ロシア人にとってもレストランはビジネスマンやお金持ちが利用するところで、庶民はなかなか行けません。

庶民の憩いの場は、カフェです。カフェにもランクがあり、一番安いところのメニューはサンドイッチと紅茶、ちょっとしたサラダのみ。紅茶はお湯の入った紙カップとリプトンのティーバッグを渡されます・・。

ロシアでいうところのサンドイッチは「ブテルブロード」といい、バケットにバターを塗ってスモークサンドをのせたものです。全然お腹にたまりません・・・ちなみに高級店のブテルブロードにはイクラがのっています。

もう少し立派なカフェになると座席もソファーだったり、お茶もきちんと注がれたものが出されますが、座席まで運ぶのはお客です。

レストランになると、雰囲気もメニューも何もかも違います。ウェイターが席まで注文を確認しに来てくれて、お酒・前菜・メイン料理がきちっとメニューに書かれています。金額も一つのお皿が700~1500円くらいするので、あっと言う間に7千円〜1万円くらい使ってしまいます。

日本食材は手に入る?

ロシアの日本食と日本食材

日本食は、日本食レストランの販売コーナーで手に入ります。が、当時価格は日本の3倍程度。納豆は冷凍で300~500円でしたので、友人3名と1パックを3分割したのを覚えています。

一般的なスーパーには、日本食はまったく置いていませんが、お米でしたら日本のお米に近い丸い粒のものが売られています。その他、郊外の大型ショッピングセンターまで行けば置いている場合もあるようです。

私は味噌、海苔やわさび、素麺などを日本から持参し、ロシアで知り合った友人に振る舞いました。やはり珍しい食材なので、すごく喜ばれました。

日本食はロシアでも人気

日本食はロシアでも人気、日本食レストランも多い

近年ロシアでは低カロリーで健康的な日本食に注目が集まりつつあり、食材を買って調理をすることは出来ないものの、日本食レストランへ足を運ぶ人も増えてきているようです。

サンクトペテルブルグの日本料理店の名前は忘れてしまいましたが、数店舗存在していました。今モスクワでは空前の日本食ブームのようで、ヤキトリヤという日本料理チェーン店が50店舗ほどあるそうです。丸亀製麺も2013年にオープンし、現在では5店舗に拡張しているようです。

ロシア料理も好きだけど…

私は個人的に、ロシアの素朴な料理が好きですが、ちょっと塩分過多、カロリーオーバー、栄養バランスが悪いので、健康的な日本食がもっと手頃な価格になって入手しやすくなって、ロシア料理と共存していってくれたらな〜と願っています。

執筆者:Marikochka(ペンネーム)

自己紹介 :子供の頃から外国に興味があり、海外への短期・長期の留学を経て、今では英語とロシア語を使ってお仕事をしています。今も”海外”というワードには過剰反応してしまいます(笑)

スポンサーリンク
スポンサーサイト