海外在住者が仮想通貨を所有することのメリット

仮想通貨という言葉をネットやニュースで頻繁に目にするようになりました。その仮想通貨について興味があるけど、リスクもあって難しそうと思っている方も多いのではないでしょうか。

今後さらに仮想通貨が世界中に普及していけば海外移住する方や海外在中者の方々にとってメリットがありますので、この機会にぜひ知っておきましょう。

1.仮想通貨とは?

海外在住者が仮想通貨を所有することのメリット

仮想通貨とはインターネットが普及した事で、金融の革命とも呼ばれる新しい通貨の事です。

仮想通貨の取引は分散型台帳(ブロックチェーン)に記録され、中央銀行などの第三者機関を通さず、専門の取引所や販売所で様々な通貨と交換することが出来ます。これは国境を超え、今後新たな経済活動が生まれる可能性があるため世界中の投資家達の注目を浴びています。

その仮想通貨の中でも、一番の時価総額を誇るのがビットコインです。定義としてはビットコイン以外の通貨の総称がアルトコイン(暗号通貨)と呼ばれています。現在ではアルトコインの急成長に将来性を期待する声が挙がっています。

また仮想通貨のシステムを使ったプロジェクトを拡張するために、ICOと言われるクラウド型の投機的資金流入も盛んに行われるようになってきました。これは株式にあたるIPOに似ています。ここ資金調達の為に発行される通貨をトークンといいます。

2.海外在住者が仮想通貨を持つことのメリット

海外在住者が仮想通貨を持つことのメリット

海外に移住している場合、お給料や買い物、公共料金の支払いなど全て現地の通貨をメインに使用されている方がほとんどでしょう。もちろん資産の保管も現地のメインバンクに預けておられる方も多いのではないでしょうか?

その際、日本へ国際送金の手数料に頭を抱えてしまうことはありませんか?また日本にある預金を現地のバンクに移動する際も同様です。

手間と時間と手数料が必要になり、不便さを感じます。このようにネット上の決済や国際送金にかかる時間をスピーディに解決してくれるのか仮想通貨です。

海外にメインバンクをお持ちの方なら、海外の仮想通貨取引所にあたってメリットもたくさんあります。海外の取引所では手数料を考えても、銀行間との手数料より安いということです。

また海外の取引所では多くの取引が盛んに行われている為、投資目的の取引が成立しやすいと言われています。それは国内で扱っていない銘柄も販売されており、これから成長が見込まれる銘柄を低い価格でホールドしておくことが出来ます。

元々、ドル建てでビットコインなど購入するにあたっても、日本からだと、円→ドル→ビットコインという手順になりますので、海外取引所に口座を開設しておくとスムーズに取引を始められます。

3.海外在住者におすすめなコインの選び方

仮想通貨を選ぶにあたって、大事なポイントがいくつかあります。そんな時仮想通貨の持つ特徴を知ることが鍵と言えそうです。

例えばビットコインはブロックチェーンという取引から決済まで明確に記録を残して実行出来るという特徴があります。現在、日本の銀行でもこのシステムを取り入れようと研究が進んでいます。実用化が進めば、信頼がえられ、それだけユーザーに支持されていくことで値上がりが期待されます。

よく耳にするイーサリアムはこのブロックチェーン上で「スマートコントラクト」と呼ばれるユーザーが独自に定めた契約を取引に盛り込むことができ、資産の安全性を高めるという柔軟性があります。また処理能力に優れていることから、ビットコインに次ぐ時価総額2位となっています。

その他に、通貨の発行数にも注目すると良いでしょう。通貨の発行上限があるということは、通貨のプロジェクトが実用化された場合にどんどん消費されていくわけですから、残りの通貨の価値価値が上がっていくことになります。

リップルの発行しているXRPがそのことからデフレ通貨と呼ばれています。このように通貨の将来性を視野に入れて行くとこで、海外における数多くの銘柄を日本より早く手に入れることが出来ます。

4.海外在住者はどこで仮想通貨を買うべき?

海外在住者はどこで仮想通貨を買うべき?

海外の取引所で有名なのが、香港に拠点のあるバイナンス(Binance)です。こちらは主要銘柄の種類も豊富でアルトコインの取引も盛んに行われています。次々と新しい銘柄が登場しますのでチャートの動きが大きい分、取引量も多く比較的取引が成立しやすいのが特徴です。

主要銘柄より、セキュリティを重視する方はクラーケン(Kraken)もおすすめです。こちらは設立から一度もハッキングにあっていません。それだけセキュリティ面で強力ななサポートがあると言えます。またクラーケンCEOは2018年中に市場の時価総額が約106兆円に達すると言われています。

海外で仮想通貨の取引所の注意点に取引所と販売所の違いを理解する事が取引内容に深く関わってきます。

主に取引所を利用した場合に、一番安い価格で売りに出されている数量は随時、変動し続けています。その為買いの成功注文を行なった場合に想定価格とズレが生じる場合があります。反対に販売所は提示されている価格での売買が成立する仕組みになっていますので、条件が合わない限り取引完了まで時間を要する場合がありますので、目的別に選ぶ必要があります。

もうひとつがレバレッジと言われる取引です。これは手元の資金の何倍もの金額で取引出来るのですが、国内の取引所では25倍、それが海外の取引所となると200倍、400倍もの値で出来てしまう事です。

仮想通貨の取引に慣れてくると、ついチャレンジしたくなるかもしれません。ただそれだけハイリターンですと、ハイリスクを背負ってしまう場合もあります。ましてや預金以上の負債になってしまうことにもなりかねません。


アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

5.日本を出国する前に仮想通貨口座を開設しておくべき?

日本を出国する前に仮想通貨口座を開設しておくべき?

これから海外に移住される予定のある方は、日本を出国前に仮想通貨口座を開設しておくことをお勧めします。

日本の仮想通貨口座を開設するに当たって、国内から開設するのと、海外から開設の届け出を出すのでは、圧倒的に時間を要するからです。実際に海外から口座開設は可能ですが、中には1ヶ月以上も本人確認の認証に時間がかかってしまうこともあります。また本人確認書類と記載内容が必要な事項が全て一致していないと認証されませんのでパスポートを提出書類にする際は、気をつけましょう。

また海外ではなく日本の取引所で口座開設が必要な理由は、日本円の取引所でないと日本円からビットコイン等の仮想通貨を購入出来ない為です。反対に仮想通貨から日本円に換金する場合もそうです。

日本と海外間の国際送金を視野に入れている方は、出国前に是非手続きを済ませてください。ですが、書留郵便が送付出来ない国に在住されている方は口座開設後の本人確認書類が届かず、登録出来ない場合もあります。日本国内ですとビットフライヤーZaif(ザイフ)で日本国内同様の手順で開設する事が出来ます。

6.仮想通貨のリスク

仮想通貨のリスク

仮想通貨におけるリスクは、一番は取引所の倒産などのによるものです。仮想通貨においては規制があっても法律がないのが現状です。資産を全て預けるにはまだ歴史も浅く不安定な状況と言えるでしょう。ハッキング等の事件があってからは、保有者が資産を守るために仮想通貨用のウォレットを購入希望したために今では品薄状態だそうです。

また中国でのICO禁止や仮想通貨の規制等で思うような取引ができなくなるといったリスクも兼ね揃えています。日本でもなんらかのの規制が出てくる可能性があります。今後のG20で議題で取り上げられる規制についても追っていく必要がありますね。

よくも悪くも非常に値動きが激しいので、預金を全て預けてしまったりということはとても危険でしょう。取引所を何ヶ所に分けて資産を分散してリスクを減らそうとする投資家もいます。

7.仮想通貨に関する税金について

仮想通貨に関する税金について

また仮想通貨の利益は、国税庁の発表で確定申告で税金を納める事が確定しています。日本では給与以外に20万を超える場合は申告が必要です。これは海外にいても、同じことになります。

源泉徴収されない仮想通貨の税金は自分で申告して納めなくてはなりませんので、こういった納税分もある程度調べておく事が必要です。比較的、シンガポールやマレーシアが優遇処置が高いようです。とはいえ各国の取引所の情報の共有が把握する仕組みが整ってきてますので、納めるべき税金はきちんと管理しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

仮想通貨のメリットを知った上で、海外在住者ならではの特性を生かして日々の生活に取り入れて行く。そうすれば快適に過ごせるシーンも出てきますよね。

仮想通貨は単に通貨の値だけに注目せずに、今後世界中のビジネスモデルで取り入れられていく素晴らしいプロジェクトがあります。通貨を選ぶ際のはそういった点をも極めていく事が大事だと言えそうです。