スポンサーリンク

日本の運転免許証の更新とインドネシアでの運転免許取得

日本とインドネシアでは国際交通条約が異なっているために(日本はジュネーヴ交通条約、インドネシアはウィーン交通条約)日本の免許証や国際免許を取得しても効力がありません。バリ島で運転をするためにはインドネシアの運転免許を取る必要があります。

バリに住んでいても帰国した時には日本の運転免許も必要ですよね。日本での運転免許も本人が更新手続きしなきゃいけません。免許更新の期間内であればなんの問題もないんですけど、更新前だったり更新を過ぎてしまった場合にはどうすれば?と不安に思っている人もいるんじゃないでしょうか?

私はインドネシアの運転免許も取ってみたことがあります。そして、期間前に日本の運転免許更新をしたことも期間を過ぎてしまった失敗も経験済み。(汗)
私のこの失敗談を下に今回は海外在住者のための運転免許についてお話したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




インドネシアの運転免許取得

日本の運転免許証の更新とインドネシアでの運転免許取得

運転免許証のことはSIM(シム)といいます。日本と同じようにバイク、普通車、大型等々とその種類は分かれていますが、バイクに関しては実施試験も筆記試験もなく、必要書類を揃えて所在する県の警察署へ行けばその日のうちに交付してくれるという「これでOK?」と疑うほど簡単に習得できます。

普通免許は私が取った時にはローカルの人同様、必要書類とお金を払うだけで作ってくれていたんですけど、ここ最近はちょっとまともになってきてローカルの人たちも試験があるようです。これが本来あるべき姿とも言えますが。(笑)

在住者と言えどもローカルの人たちと一緒にインドネシア語での筆記試験と身体検査があるのでちょっと大変かも。それと在住している証明となる各種ビザの提出も求められるので観光客は取れません。

私が取った時は有効期限はたったの1年!ローカルの人たちは5年なのにー。これはずるい!と2年更新してその後は取るのをやめて、もっぱら助手席に座ってます。

と、思ったら最近はローカルの人たちと同じようにどうやら5年の有効期限があるようです。これならもう一回取ってみてもいいかもと思案中。

日本の運転免許証の更新

日本の運転免許証の更新

運転免許証の更新に合わせて帰国するっていうのはなかなか難しいものです。

期間前更新

私は毎回【期間前更新】していました。更新期限内であれば期間前であっても更新することができるんです。ただし、5年もらえるところが期間前なので1年損しちゃって正味4年になるんですけどね。

初回更新の人や違反があった人は3年更新なので期間前更新だと更に1年期間が短くなっちゃいますから気をつけてくださいね。

必要書類は入国日が分かるパスポートのみ。後の更新書類は免許センターでくれます。(※これに関しては各県によって異なる場合があるようなので、事前に確認してくださいねー。)

運転免許証更新の場合、住居を日本に移していなくても(住民票を作成していなくても)できるので短期間で帰国している人も簡単にできます。

期間過ぎての更新

優良だと5年に一度の更新でいいんですけど、私は一度だけ5年以上帰国せずに更新期間を逃してしまったんですよねー。これは痛かったです。

この場合は【やむを得ず失効】という理由付けに入るようで、失効後の期間によって手続きがちょっと変わりますが、再交付してくれるので大丈夫!

必要書類は入国日が分かるパスポートと免許センターでくれる書類で、技能試験はありません。

運転免許は帰国したらすぐ更新手続きを

運転免許証は帰国したらすぐに更新を

ところがです!

それまで違反なしの優良であっても再交付の場合は新たに免許証を取得した新米ドライバーと同じ扱いになってしまって期間が3年になってしまうんです。

だから次回の更新は3年内に逆戻り。しかも免許証自体にも取得した年月日が再交付の年月日になってしまうんです。5年もらえると思っていただけにこれは痛かったです。(泣)

以前はこの再交付年月日を元にしていたので2回目の更新も初回更新となってまた3年しかもらえなかったようですが、2015年6月から新しく改正されたそうで、免許センターの方でそれ以前からの免許保有者記録が残っているのでそれに基づいての計算になるんだそう。

私の場合も2015年6月以降での初回更新(再交付から)だったんですけど、既に長年保有していたということで優良扱いの5年をいただけました~!

運転免許は帰国したらすぐに必要となるので早め早めの更新手続きをおススメします。

所在運転免許センターに問い合わせを

運転免許証の更新は、所在運転免許センターに問い合わせを

インドネシアはまだまだ発展途上の国です。ここ最近は警察官による警察官の賄賂の取り締まりも厳しくなってきました。以前は免許証を携帯していなくてもちょちょいとお金を渡せばなんとかなっていたんですが、今は厳しく罰則規定にそって処罰されることもあるので是非現地の運転免許を取得したほうがいいですね。

日本の運転免許更新もよほどのことが無い限り更新時期がずれていても交付してくれますので大丈夫。ただ、都道府県によって異なる点があるので必ず所在運転免許センターに問い合わせてくださいね。

執筆者:harudai(ペンネーム)

プロフィール:国際結婚で2000年からインドネシアバリ島に住んでいる主婦兼二児の母。「郷に入っては郷に従え」精神でご近所の方々に助けてもらいながらの日々の生活。今だ近所のおばちゃんたちから学ぶこと多し。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク