音声通話不要の海外在住者に日本の格安SIMカードをおすすめする理由

海外在住でスマホを使っていると、居住している国の電話通信はほとんど利用しないということはありませんか。でも、スマホを持っていると海外の無料Wifiにつなげることができますので、主にネット接続のために電話を契約している人いう人もいるのではないでしょうか。

そんな方に提案したいのが、一時帰国した時に、日本国内で出回っている格安SIMカードを手に入れることです。格安SIMカードは月額1,000円程度で契約できるものもあり、日本にいるときは電話やSMS、データ通信の利用が可能です。海外では無料Wifiに接続できればネット接続が可能になります。

海外在住者にとっての、格安SIMのメリットとデメリットについて考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

格安SIMカードとは?

日本の格安SIMカード

海外でスマホを買った人にとっては、SIMフリーの電話は比較的普通かもしれませんが、日本ではSIMロックがかかっていてSIMカードを自由に取り換えることができないデバイスもあります。

しかし、最近は日本国内でもSIMフリーのスマホが出回るようになり、それに伴って格安SIMカードの販売も行われるようになりました。

格安SIMカードは、各社いろいろなプランがあります。音声通話無しのプランや、データ通信の制限があるものもあります。しかし、こういったプランは月額使用料が格安で用意されているので、日本での音声通話機能が必要ない海外在住者にとってはとても魅力的なものでもあります。

海外在住者にとっての格安SIMのメリット

日本の格安SIMカード

  • 月額使用料が安い
  • 日本国内では音声通話やSMSの使用も可能(プランによる)
  • 日本一時帰国のときにデータ通信が使用可能
  • 無料Wifiがあれば海外でもネット接続できる

日本に一時帰国したとき、海外のSIMでネット接続するためには、日本の無料Wifiを探す必要があります。しかし、日本の無料Wifiは海外からの訪問者にとっては未だに非常に使いにくいです。そんなとき、日本の格安SIMであればデータ通信として使用できるので、ネット接続することが容易になります。

海外在住者にとっての格安SIMのデメリット

日本の格安SIMカード

  • 海外での通話はローミング代がかかる(国際ローミングに対応しているものを選ぶ必要あり)
  • 日本の格安SIMがおすすめなのはこんな人

    海外生活者で、日本の格安SIMがおすすめなのはこんな人です。

    • 現地で音声通話は使用しない
    • 無料Wifiへの接続だけで十分(データ通信はいらない)
    • 現地の電話契約が高い

    格安SIMカードの選び方

    日本の格安SIMカード

    格安SIM を選び方としては、音声通話に対応しているか最大通信速度と容量のバランスがとれているか、端末に使えるか、最低利用期間がどれくらいかと解約金の有るか無ないかで決めます。最大通信速度は、速いものから遅いものまであるので、自分に合った速度を選ぶようにしましょう。

    なお、日本の格安SIMを購入するには、基本的に日本国内から申し込む必要があります。最近は、ネットで契約できるものもありますが、その場合も国内からのアクセスでないと拒否される場合がありますので、注意してくださいね。

    (この記事の内容は投稿時点での情報です。格安SIMカードに関する情報は、常に変更させることがありますので、契約時によく確認してから申し込むようにしましょう)

    ≫【DMMモバイル】データSIMプラン 3GB

    スポンサーリンク
    スポンサーサイト