スポンサーリンク

日本一時帰国時用国内レンタルWifiの選び方のコツと注意点

海外から日本へ一時帰国すると、日本には完全フリーのWifiスポットが少ないことを思い知らされます。無料Wifiというステッカーが貼ってあっても、結局は日本の携帯電話会社と契約していないと使えなかったり、毎回パスワードを入力しなくてはいけなかったりします。本当に不便ですよね。

そんな場合、便利なのは国内で使えるレンタルWifiです。海外から日本へ帰国する人や日本を旅行する人のためのサービスですが、さまざまな会社が参入しているので、選ぶときにも迷ってしまうかもしれません。

海外在住者が日本へ一時帰国する場合の、国内レンタルWifi選び方と注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




日本一時帰国の際には国内レンタルWifiが便利

日本一時帰国時用国内レンタルWifiの選び方のコツと注意点

今では日本国内でもレンタルWifiを手軽に利用できるようになりました。

ただ、提供する事業者が増えたため、選び方などはご自身の利用目的、滞在期間、使用できる容量および料金、レンタルの方法などを考慮し、選択する必要があります。

1.容量および速度を確認

データー通信の場合は一番気を付けたいのが、使用可能な容量と速度です。現在多くのレンタル業者では速度や容量を選択できるプランなどがありますので、選ぶ際に用途に合うプランを選ぶようにしましょう。 

2.使用する日程と料金を確認

国内,Wifi,選び方,一時帰国

利用できるデーターの容量が無制限で利用日数に応じて支払うプランや、容量および速度に制限があり利用日数に応じて支払えるプランなどがあります。

使用するキャリアーによって値段が異なる場合もあるので、必ず確認しましょう。一時帰国する場合の滞在期間によって利用料金が異なることを忘れないでください。

3.受け渡し方法を確認

Wifiの選び方は容量および速度が重要になりますが、レンタル方法が面倒だと出国前に面倒なことになる場合があります。返却方法のオプションなどがあるか、確認しておきましょう。

一般的に、空港などでレンタルする場合は、空港で借りて空港で返却することができるのでわざわざ宅配便を利用して返却する必要がありません。ただし、空港で借りた場合でも携帯電話やネットでの申し込みで、滞在先までルーターを宅配してくれる業者もあります。

業者によっては、携帯電話での申し込みの場合、本人確認が不要の業者もあります。ただし、日本の携帯電話での申し込みとなるようです。

また、一時帰国の日程が短い方や多忙な方は、空港にあるレンタル業者を利用する方法が一番便利かもしれません。

カバーエリアの確認も忘れずに

また、電波のカバー率の高い日本でも、滞在する地域によっては電波が入りにくいところがありますので、カバーエーリアも確認した方が良いと思います。 

2016年から、音声通話可能なSIMカードを日本でも購入できるようになりましたので、一時帰国した際、日本国内でも携帯電話をメインに使いたい人はこちらをご利用するという選択肢もあります。

おすすめ国内レンタルWifi

国内,Wifi,選び方,一時帰国

私のおすすめは、au WiFiWALKERです。1日480円から使用でき、1か月プランだと6,000円になります。4G LTEを採用しているので高速で接続でき、つながるエリアも広いです。

一日500MBまで使用でき、それを超えてしまうと日付が変わるまで通信が制限されます。500MBといってもピンと来ないかもしれませんが、例えばスカイプなどのインターネット電話で計算すると、約930分使用できるそうです。

受け取りと返却に関しては、日本国内へ発送してもらうことも可能ですし、空港での受け渡しにも対応しています。

Wifiルーター自体のバッテリーは、連続接続で9時間使用できるタイプのものですが、それで不十分な人はオプションで予備バッテリーを付けてもらうこともできます。

また、現在は「早割」キャンペーンを行っていて、利用する1か月前に申し込めば10%割安になります。詳しくは、公式サイトで最新情報を確認してみてください。

au WiFiWALKER公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク