上海で新しい住居へ引越し、契約と電気工事

上海での引越しを決め、物件もきまったら、いよいよ引越しです。中国上海の引越し業者とのやりとりや電気工事と契約、それからインターネットの契約と、引越しはもろもろ細かい手続きも必要です。異国の地で、単身赴任の筆者の引越し事情です。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

引越し作業

引越し作業

不動産屋さん・家主さんと私(会社)で正式契約をし、代金を支払いようやく引越しへと進んでいきます。引っ越し業者は不動産屋さんにお願いしました。もともと荷物がほとんどなかったので段ボール8ヶぐらいの容量でした。

引っ越しさきも車で5分程度のところ。トラックではなくBOXタイプの車で作業員は2名で契約。費用は600元ぐらいだったと思います。

引っ越し業者の方は日本語ができませんでしたが、特に問題もなく、荷物の搬入は無事に終了。壊れ物のチェックなども行って料金を支払いました(会社に請求するので当然、「発票」ももらい)。

新しい住まい・・・さてこれから心機一転、楽しく仕事頑張るぞ!!

あっ 契約しなきゃ何もできないな・・・

上海で引越し
まずはお家のお掃除から始めます。私が入る前にある程度きれいになっていましたが。クリーニング業者に頼んだわけではないようで、仕上げは自分でやります。

テレビ見ながら作業しよう!!とスイッチを入れるも映らない・・・後から知ったのですが契約しないと見れないようです後日会社の中国人スタッフにお願いをしました。

テレビが見れないからネットで音楽を・・・LANケーブルにつないで・・・

繋がらない。当たり前ですが契約していないのでダメですね。

まぁテレビが無くても困りはしない。掃除掃除!!・・・衣類・食器・食料品などなど一通り片付けが終わり、ほっと一息。シャワーでも浴びようかなぁと・・・

引越し先もバスタブはありません。日本人が多く住む区画のマンションにはバスタブがあるようですが無いのが普通です(後日談ですが、肩まで湯船に浸かれませんが、子供用のビニールプール(膨らますやつ、上の写真)を購入し、腰ぐらいまでは浸かれるようになりました)。

電話会社へ契約と工事

電話してインターネット契約

ネットが無いと何もできない。家で仕事したくてもメールできないし・・・。というわけで、またまた中国人スタッフと電話会社へ・・・

色んな契約がありここは中国人スタッフにお任せ、月200元でネットし放題(光回線)にしました。ただし条件があり600元で携帯電話を買うとの事。なんだか大丈夫かなぁ。

日本の携帯(アイフォン・ソフトバンク)、中国用携帯(アイフォン・シムツリー中国移動)、これにもう一台!!(今回契約した中国聯通)

毎日3ヶ持って歩くのって・・・結構面倒です。

回線工事は、自宅に工事業者が来て1時間半ぐらいで接続完了。無線LANのPC設定と動作確認も業者がやっていただき完了。これでお家で仕事が出来ます、

お家で寛ぐときはテレビとネットの生活

家でくつろぐときはネット

テレビは日本語のニュース(中国で編集済み)を見ることができます。映像に見せたくないものがあると画面が消えます。私は少しでも中国語が耳に慣れるように、中国語のニュースをつけっぱなしにしていました。

日本のドラマやアニメを見たい!というときはPCを使いネットで見ています。

ネット環境は、ないと何にもすることが無いので不可欠だと思います。ネットでいろんなものが見れますが自己責任で見てください・・・。

お金がかかるものも有るようです私はビビリーなのでお金がかかりそうな事はしませんでした)。

執筆者:ユウ カジマ(ペンネーム)

スポンサーリンク
スポンサーサイト