インドネシア、バリ島に移住するなら車かバイクは必要、バリ島車事情

インドネシアは多くの島で形成された国です。その島々によって交通事情も変わってきます。その典型的な例として、ジャワでは鉄道は走っていますが他の島にはありません。ローカルの人たちの足の多くはバイクです。そして車。

日本の運転免許証の更新とインドネシアでの運転免許取得
日本とインドネシアでは国際交通条約が異なっているために(日本はジュネーヴ交通条約、インドネシアはウィーン交通条約)日本の免許証や国際免許を取...

以前、インドネシアの運転免許証の取得について触れたことがありますが、実際にこちらに長期滞在や永住で住むとなるとバイクや車を購入することも一考しなければならなくなるかも知れません。

その時のためにバリ島を例に、簡単に車事情をお話したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーサイト

人々の交通手段

バリ島の移動手段、鉄道はありません

バリ島には鉄道はありません。

路線バスはありますがその数は非常に少なくて、ローカルの人々は普段使いでは利用していません。県を越えて遠出する時くらいなものでしょうね、路線バスを利用するのは。

車やバイクを持っていない人たちが市内を移動する時には「ベモ」という乗り合いミニバスのようなものを利用します。
インドネシアの移動手段、ベモ

また、「オジェ」というバイクタクシーもあります。

車のタクシーはローカルの人々の普段使いとしては高いし、大きな街にしか走っていないのであまり利用していません。観光客も空港タクシーは利用しやすいんですけど、他のところでは流しのタクシーもあまり見かけないので利用しにくいようですね。ちなみにタクシーは日本と同じでメーター式です。

観光客で訪れる場合は運転手付きの車チャーターやレンタルカーが利用しやすいと思います。

道路走行は日本と同じ左走行で車も右ハンドルなのでそう違和感は感じないんですが、ただ日本と違って道路事情はあまり良くありません。

ジャワのような大きな都市では渋滞は毎度のこと。バリ島でもお祭りのための行列と遭遇すればたとえメイン道路でもそちらが優先なので、その時は軽く渋滞になります。

インドネシア全体ではインフラがまだ完全ではないのでメイン道路でも舗装がイマイチのところが多いのが実情です。慣れない道を走る時には地元民でも十分注意して走らないと危ないんですよ。

バイクを購入するとすれば?

バリ島ではバイクを購入するという方法も

在住者の多くがバイクを購入して交通手段として使ってます。

バリ島では中古市場も大きくて引く手あまた。だから、もし必要なくなればすぐに高値で売れるし、それほど年数が経っていないキレイなバイクも新車より随分と安く手に入るんですよね。

中古バイクの場合だと、中古バイク屋さんからの購入よりも友人知人から直接買ったりする場合も多々あります。その方がやはり手数料なしなので安く買えるというメリットがあります。

日本と違ってバイクや車の中古購入でも登録者の名前を書き換えずにそのまま使えるんです。もちろん書き換えしたほうがいいのですが、年一度の税金をきちんと納めれば書き換えなしでも問題ないんです。なので、友達から買って名義はそのままで乗り続けている人がほとんど。これも中古市場が流行る要因のひとつでしょう。

新車の場合だと日本でいうところの原付というのはなく、115cc~250ccが多く出回っています。バイクも日本製がやはり強いですねー。

ホンダとヤマハが市場の9割。そのほかカワサキやスズキもありますが、後々中古で売ろうと思えばやっぱりホンダが一番高値で売れるんですよね。バリ島でも一番多く見かけるショップがホンダです。

価格は日本円で言うと大体15万円くらいからですね。

自動車税を納める関係からだと思うんですが、インドネシア人が購入する場合にはKTPという身分証明証を一緒に提示するようになっているので、外国人がひとりで購入するのは難しいようです。

多くの場合が信頼の置ける友人に名前を借りて購入するするか、もしくはパスポート提示と現地の友人がスポンサーという形を取ってその友人のKTPを購入する際に登録してもらうようになります。

車を購入するとすれば?

バリ島の車事情

車もバイクと同じようにショップや友人間で中古が売買が盛んです。

インドネシアには車検制度がないのでエンジンの調子がよければ年数に関係なく結構高値で取引されています。

それもあってか、車を持っている人は車を大事にしてますねー。少しでも調子が悪ければすぐにメンテナンスに行っているようです。(かくいう我が家の主人もそう。音が違う、なんか感触がおかしいと思えばすぐさま近くの車工場へ直行してますねー。)

新車も中古車も一番人気はTOYOTAです。安定のTOYOTAと呼ばれるくらい。

大きな街にしかないTOYOTA本工場でなくても、近所の整備工場でもTOYOTA車は直してくれるという理由が大きいのかも。TOYOTA車は年数が経っている車でも純正部品が町の整備工場でも手に入りやすいというのがあるからかも知れません。

それと、TOYOTAのエンジンには定評があるからでしょうね。

ここ最近はコンパクトカーもよく見かけるようになりましたが、セダンよりラウンドクルーザーのような車体が高めの車が人気です。というのは、バリ島で言えば、道路事情が良くないことと、スコールというバケツをひっくり返したような大雨が雨季になると突然やってきて数分で道路は洪水状態になります。そういった意味から背の高い車が好まれるようです。

肝心のお値段はというと、TOYOTA社の1300ccの普通グレード車で200万円弱。ラウンドクルーザーだと1800万円もするんです!日本価格の何倍だろう・・・。

車は新車で買うとすれば日本よりも随分割高感は否めませんね。

インドネシア産の車もありますが、こちらは安いけど不人気。同じく韓国メーカー車もありますが人気はイマイチ。少々高くても日本車を購入する人が多いようです。

バリ島の車事情まとめ

バリ島の車事情

バリ島の車事情はこういったとこです。ですから、長期滞在の方はバイクは購入して車は必要な時だけレンタルで、という方が多いようですし、それが賢いやり方かも。

永住されている方は車を購入している人も多いですね。中古で買ってそれをまた売買できるのである程度の年数で次々と乗り換えている人もいます。バイクは新車で買って車は中古で、というのが一番お得な購入方法かなーと思います。

永住を考えている方や長期滞在しようと思っている方は交通手段がバイクか車しかないバリ島ですので、現地に来てから信頼置ける現地の友人と共に車の売買情報をつかむことがポイントです。頑張ってお得な車を見つけてくださいね。

執筆者:harudai(ペンネーム)

プロフィール:国際結婚で2000年からインドネシアバリ島に住んでいる主婦兼二児の母。「郷に入っては郷に従え」精神でご近所の方々に助けてもらいながらの日々の生活。今だ近所のおばちゃんたちから学ぶこと多し。

スポンサーリンク
スポンサーサイト