遭難救助でゴールドラッシュのアメリカへ、ジョン万次郎(中浜万次郎)

皆さん「ジョン万次郎」という名前をご存知ですか? 名前は知っているけれど、具体的に何をした人なのかはよく分からない・・・という方が多いのではないでしょうか? 

実はこの「ジョン万次郎」、日本が鎖国中だった時代に波乱万丈の人生を送り、有名なペリー来航の時や「日米修好通商条約」締結に尽力。さらに幕末に活躍した坂本龍馬や勝海舟、福沢諭吉たちに大きな影響を与えた人物なのです。

今回は、そんな知られざる「ジョン万次郎」の波乱に満ちた生涯を振り返ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




万次郎少年の生い立ち

太平洋

「ジョン万次郎」という名前は、後の時代に井伏鱒二が書いた「ジョン萬次郎漂流記」によって広まったもので、本名は「中浜万次郎」。西暦1827年、第11代将軍・徳川家斉の時代に、土佐国中濱村(今の高知県土佐清水市)でとても貧しい漁師の次男として生まれました。

わずか9歳の時に父親が亡くなった万次郎少年は、病弱な母親を助けるために幼い頃から働きに出て家族を養ったといいます。その生活はとても厳しいもので食べる物にも困窮するほどでした。こうして寺子屋に通う余裕がなかったため、読み書きもほとんどできなかったそうです。

ジョン万次郎漂流記 (偕成社文庫) [ 井伏鱒二 ]

価格:756円
(2017/8/8 01:48時点)
感想(3件)

遭難からアメリカへ

アメリカ

さて、14歳になった万次郎は出稼ぎのため宇佐浦から出港する漁船に乗り込み漁に出ます。ところがその船が嵐に巻き込まれて遭難。数日間漂流したあと土佐から750kmほど離れた伊豆諸島の中の「鳥島」という無人島に漂着したのです。

万次郎と仲間4人は、食べ物も飲み水もない孤島で鳥などを捕まえたり雨水を溜めたりして飢えと渇きをしのぎながら救助を待ち続けます。そんな過酷な毎日を送っていたある日、島の沖を通りかかったアメリカの捕鯨船「ジョン・ホーランド号」に奇跡的に救出されます。それは島に漂着してから143日後のことでした。

ようやく救出された万次郎たちでしたが、当時の日本は鎖国中だったので日本へ帰国できず、船長ホイットフィールドにハワイへと連れて行ってもらうことになります。万次郎以外の仲間4人は寄港地のハワイで降りたのですが、万次郎はそのまま船に残りアメリカへ渡って教育を受けることを希望します。

これまでまともに読み書きのできなかった万次郎ですが、ハワイに着くまでの間に船員たちと積極的に交流し、雑用を手伝うなどみんなに可愛がられたといいます。このように異国の地で新しいことを学ぼうとする前向きな姿勢は、ホイットフィールド船長の目にもたいへん好ましく映ったのでしょうね! 

アメリカでの暮らし

ゴールドラッシュ

ホイットフィールド船長は、好奇心があり前向きな万次郎のことを自分の子どものように可愛がり、ジョン・ホーランド号からとった「ジョン・マン」という愛称をつけ、故郷マサチューセッツ州フェアヘブンへと連れ帰りました。

こうして万次郎は日本人として初めてアメリカ本土の土を踏んだのです。

万次郎はホイットフィールド船長と共に暮らしながら、英語はもちろん数学や測量、造船術や航海術などを熱心に勉強し首席で卒業します。日本では読み書きを学ぶ機会がなかった万次郎ですが、アメリカの地で勉強するチャンスが与えられた時には新しい知識をどんどん吸収して素晴らしい結果を残したのですね。

学校を卒業後、再び捕鯨船に載って3年4か月の間7つの海を巡る航海をしたのですが、その航海の中で日本の鎖国政策の現状と世界の経済発展とのあまりの差に愕然とし、日本へ帰国することを決意。

帰国するための費用を工面するために、当時ゴールドラッシュだったカリフォルニアへ向かい、わずか数ヶ月間で600ドルという大金を手に入れます。当時、船に乗る水夫の月給が17ドルだったといわれていますから、かなりの大金を手に入れたことになりますね!

日本への帰国

辞書、語学

さて、こうして日本へ帰国する費用を手に入れた万次郎は、すぐにサンフランシスコからハワイに向かう船に乗り込み、ハワイで別れた漁師仲間に会いに行きます。ホノルルで会えたのは仲間4人のうち3人で、1人は既に亡くなっていました。また、別の1人は日本に帰国せずハワイに残ることになりました。

1850年、万次郎を含む3人は上海行きの船に、日本へ上陸するために購入した「アドベンチャー号」を積み込んで乗船します。そして、途中の琉球沖から「アドベンチャー号」で、当時薩摩藩に属していた琉球に到着したのです。ちょうど万次郎たちが漂流してから10年が経っていました。

こうして帰国した一行でしたが、鎖国中だった日本に海外から戻ってすんなりと故郷へ帰れたわけではなく、薩摩や長崎で何度も取り調べを受け1年以上経って、ようやく土佐に帰り母親や兄弟に再会することができたのです。

帰国後の万次郎は、土佐藩に召し抱えられ英語力やアメリカで学んだ知識を生かして、英語や航海術・造船術の指導や書物の翻訳など藩や幕府のために働きます。そして1853年、ペリーが浦賀に来航した時には江戸に呼び出され幕府直参として第一回目の通訳をしたのです。

ところが彼があまりにもアメリカ事情に詳しかったため、保守的な一部の人たちからスパイ疑惑がかけられペリーの通訳から外されてしまいます。それでも万次郎は、陰ながら日本の開国に尽力し「日米和親条約」の締結のために働きました。

その後1860年には、「日米修好通商条約」の批准書交換のための海外使節団の一人として、艦長の勝海舟や福沢諭吉たちと共に万次郎も通訳として乗り込み、日本とアメリカの交流の道を開くことになったのです。

ジョン万次郎-逆境を乗り越えて国際人に

ジョン万次郎

今回は、波乱に満ちた一生を送り日本人として初めてアメリカの地に降り立った人物、ジョン万次郎をご紹介しました。ひどく貧しい生い立ちの少年でしたが、絶望的な状況に直面しながら奇跡的な助けを得てアメリカの地に渡り、多くの知識を学んで故国に役立てたのです。

万次郎は共に漂流した漁師仲間の中でも最年少でしたが、なかなか異国人に馴染めない仲間とは異なり、英語が話せないハンディキャップがあるなかでも積極的に船員たちと交流し、船の中でできる雑用を一生懸命こなしたといいます。

さらに、学ぶ機会が与えられた時には必死で勉強し、こうして得た知識を故国に帰って活かしたい、と命の危険を冒して鎖国中の日本へ帰国する勇敢さには本当に頭が下がります。ジョン万次郎のような不屈の精神と人一倍の努力、私たちも見習いたいものですね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク