モルガン財閥縁者に見初められ玉の輿、芸妓モルガンお雪(加藤雪)の国際結婚

皆さん、毎年1月20日が「玉の輿の日」だっていうことをご存知でしたか? 

女性なら一度は憧れる“玉の輿婚”ですが、まだ国際結婚などほとんど例がなかった明治時代、アメリカの大富豪に見初められて国際結婚した一人の日本人女性がいました。その名はお雪。彼女が結婚した日にちが現在では「玉の輿の日」と制定されているのです。

まるでシンデレラのような結婚をしたお雪でしたが、私たちが想像するような順風満帆な生涯ではなかったようです。今回は、そんなお雪の波乱に満ちた生涯をご紹介しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




お雪(加藤雪)の生い立ち

モルガンお雪,加藤雪,モルガン財閥,アメリカ,パリ,玉の輿

お雪(本名加藤雪)は、1881年(明治14年)に京都寺町の士族の家系で刀剣商を営む名家に誕生しました。ところが彼女がまだ幼い時に父親が亡くなり、家が傾いたことでお雪も家計を支える必要に迫られるようになります。

そこで、お姉さんが祇園で「加藤楼」というお茶屋兼置屋経営していた縁で、お雪も14歳の時に芸妓としてデビューします。芸妓名は「雪香」。

お雪が働いたお店は「小野亭」という当時は外国人客専用のお店で、お茶屋としては格下のお店だったといいます。それでもお雪は育ちも良く気品があり、舞踊や胡弓などが得意だったそうです。

大富豪に見初められる

モルガンお雪,加藤雪,モルガン財閥,アメリカ,パリ,玉の輿

芸妓としては特別に目立った存在ではなく、格下のお茶屋で働く日々を送っていたお雪でしたが、20歳の時あるお座敷でアメリカの大富豪で独身だったジョージ・モルガンに出会います。

モルガン財閥といえば有名な「ロックフェラー」や「カーネギー」などと並ぶアメリカの大財閥で、ジョージは創始者J・P・モルガンの甥だったのです。お雪に出会ったときジョージは30歳、大和撫子のようなお雪の振る舞いと気品あるいでたちに一目惚れ。すぐにプロポーズしたといいます。

この時お雪には将来を約束した恋人がいて、ジョージの求婚に首を縦に振ることはなかったといいます。そんなお雪にもジョージは諦めることなく何度も熱烈に求婚し続けて、3年間に3回も来日したのです。

困り果てたお雪は、ジョージに諦めてもらおうとして「4万円」という法外な落籍料をふっかけます。そのうちにモルガンの求婚の話や4万円の落籍料が世間にも知られるようになり、新聞各紙に書き立てられるようになりました。そんなことが原因で結局恋人と破局。

さらに、お雪自身もジョージの熱烈な求愛に心を動かされたのでしょう。1904年(明治37年)1月20日、ジョージ・モルガンと結婚することになります。

結婚後の生活

モルガンお雪,加藤雪,モルガン財閥,アメリカ,パリ,玉の輿

こうして莫大な落籍料で身請けされ、アメリカの大金持ちと結婚したことから「日本のシンデレラ」と呼ばれたお雪でしたが、ジョージがお雪を連れてアメリカへ帰国すると、モルガン一族は大反対。黄色人種でクリスチャンでもないお雪を妻としたことにジョージに対しても冷たく当たります。

さらに当時のアメリカでは移民を制限していたこともあって、お雪はアメリカに帰化することが許可されなかったのです。

そんなわけでジョージとお雪は再び日本へ帰国するのですが、マスコミや世間の好奇の目にさらされて「金に目がくらんだ女」と呼ばれることになります。それでもジョージとお雪は2年ほど京都で暮らしますが、その後フランスのパリに渡ります。

フランスではようやく社交界にも受け入れられ華々しい生活を送ることができたのです。こうして日本からもアメリカからも受け入れてもらえなかった二人の、フランスでの幸福な生活はいつまでも続きませんでした。

結婚後わずか10年で、ジョージが心臓麻痺のため44歳という若さで亡くなってしまうのです。お雪が34歳のときでした。

波乱に満ちた生活が続く

モルガンお雪,加藤雪,モルガン財閥,アメリカ,パリ,玉の輿

夫ジョージを亡くしたお雪は、多額の遺産を相続しますが“無国籍”の状態でフランスに留まります。その後、新しい恋人ができ結婚はせずにマルセイユで暮らし始めたお雪でしたが、その恋人も15年後に心臓麻痺で亡くなります。愛する人を二度も失ったお雪は傷心したことでしょうね。

その後、お雪は一人でニースに住むのですが、時は第二次世界大戦前の不穏な時期に突入し、無国籍で身分証明書の更新ができなかったお雪は1938年(昭和13年)、30数年ぶりに日本へ帰国。ところが国籍がないお雪は、財産を差し押さえられ特高警察からも目を付けられたといいます。

そんな中お雪は京都で慎ましい生活を送りますが、戦争が終わるとカトリックの洗礼を受け「テレジア」という洗礼名で、「ナミエ」という養女と共に静かな余生を暮らし、1963年(昭和38年)この世を去りました。

モルガンお雪-不遇な日本のシンデレラ

モルガンお雪,加藤雪,モルガン財閥,アメリカ,パリ,玉の輿

いかがでしたか? 今日、「玉の輿の日」となっている1月20日の由来となった、モルガンお雪の生涯をご紹介しました。

一人の芸妓だったお雪が、アメリカの大富豪に見初められて結婚したことは確かに「玉の輿婚」だったのかもしれません。ですが、お雪は結婚した先のモルガン家に受け入れられなかっただけでなく、夫と同じ国籍を得ることもできませんでした。

また同じ日本人からは、お相手が大金持ちだったことから「金に目がくらんだ女」と呼ばれ嫉妬や好奇の目で見られたのです。その後も早くに夫を亡くし、恋人も亡くしたお雪は波乱に満ちた人生を送ることになりました。

今では珍しくない国際結婚をしたお雪の人生は、決して平安なものではなかったようです。その分、夫ジョージや恋人と暮らした期間は、お雪にとって輝くような日々だったことでしょう。私たちも、今この瞬間を大切に、毎日を過ごしていきたいものですね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク