スポンサーリンク

フィリピン海外移住ビザの種類と取得方法

フィリピンへの海外移住を考えた時に、いちばん肝心なのが滞在する方法です。フィリピンへの海外移住を目指す人の立場はさまざまですが、ここではフィリピンに住むための滞在ビザの種類や取得に関する情報をお伝えします。(サイト運営者注:この記事の内容は投稿時点での情報です。ビザに関する最新情報は在日大使館などでご確認ください。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




フィリピン滞在ビザの種類

ツーリストビザ

フィリピンでの滞在ビザを取得する

たとえば、フィリピンの現地の下見や観光目的でフィリピンに入国する時は、30日以内の滞在であれば、ビザは必要ありません。ただしパスポートの有効期限がフィリピンでの滞在日数+6ヶ月以上であることが条件です。

基本的には、フィリピン国際空港の出入国カウンターでパスポートに在留期限の日付の入ったツーリストビザのスタンプを押してくれるはずです。しかし、係員が押すのを忘れたのか、帰国する際にいきなりオーバースティ扱いになったという話を聞いたこともありますので、入国する際は必ず確認するようにしてください。

また、30日を越えて滞在する場合は、日本の在日フィリピン大使館で59日間滞在ができるツーリストビザを取得することができます。現実的には30日間の期限が切れる前に現地の入国管理事務所(イミグレーション)で申請する人が多いようです。費用は現地で行う場合は、約3,000ペソ(約7,000円)程度です。※

※手続きの費用は各地のイミグレーションによって違うかも知れませんので、正確な金額は手続きの際に直接係員にお尋ねください。

注意!:ツーリストビザでは仕事ができません。なんでもありのフィリピンですが、その点だけは外国人にきびしいので、くれぐれもお気をつけください。

SSP(スペシャル・スタディ・パーミット)

フィリピンでの語学留学

最近は、比較的安く英語の勉強ができるということで、フィリピンへの語学留学が人気ですが、その際に必ず必要な特別許可です。

学校で学ぶための手続きなので、たとえ1週間の短期留学でも必要です。

現実的には留学先の学校か旅行代理店が代行すると思います。費用は留学先の学校によって違いがありますが、半年間有効のSSPで15,000円前後(約6,000ペソ)です。

観光地で有名なセブ島の学校より、首都マニラの学校のほうが安いという噂を聞きますが、定かではありません。
フィリピン語学留学資料請求【ヒューマンアカデミー】

ワーキングビザ(就労ビザ)

フィリピンで働く

フィリピンは、アジアで唯一英語が公用語の国ということや人件費などの安さから、先進国からの企業の進出が目白押しです。

日本の会社も、各種製造業を初めアパレルや外食産業にいたるまで、首都マニラ近郊を中心に進出が続いていますが、今後はフィリピンに働くために滞在する日本人の数も増えると予想されます。

そしてもちろん、フィリピンで働くためにはワーキングビザが必要です。

ビザの発給手続きに関しては雇用先の会社がやってくれるとは思いますが、一応発給までの流れをご紹介しておきましょう。

  1. ビジネスビザの取得
    59日間の滞在を許されるビジネスビザを在日フィリピン大使館に申請、取得。
  2. フィリピン入国後、雇用主と一緒に現地の移民局をたずね、雇用ビザに切り替えます。(取得までには1~2ヶ月必要)
  3. 雇用労働省から雇用許可証を取得

手続きが複雑な上に時間もかかります。詳しくは、日本貿易振興機構「JETRO」のホームページをご覧ください。
https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-010960.html

フィリピンの求人情報を紹介しておきます。実際に、フィリピンで就職した人の口コミも掲載されています。フィリピンプライマー

永住ビザ(結婚ビザ)とバリックバヤンビザ

フィリピン、結婚ビザ

わたくし事で恐縮ですが、私が妻に連れられて初めてフィリピンに行った時に空港の入国審査の職員が私に向かって「ウェルカムフィリピン!ワンイヤー、ワンイヤー」と言ってくれたことを覚えています。

その場ではそれが何の意味なのかわかりませんでしたが、後から妻に聞くと、それがバリックバヤンビザだったのです。

バヤックバヤンビザとは、外国で暮らすフィリピン人の帰国を奨励するフィリピン政府の施策で、フィリピン人と結婚した人は夫婦揃って帰国することを条件で、外国人配偶者の1年間の滞在を認めるというものです。

しかも、1年後に更新すれば、いきなり永住ビザ(結婚ビザ)がもらえます。もちろん労働も自由です。

現在フィリピンで暮らす日本人は、在比日本大使館が把握している数で2万人とも言われていますが、私を含め半分以上の人はこのパターンだと思います。

SRRV(リタイアメントビザ)

フィリピンのリタイアメントビザ

リタイアメントビザと言っても、対象年齢は35歳からと意外にも年齢層が広く、しかも永住権を獲得できることから、年金受給後のフィリピンへの海外移住を考える人はもとより、若い人にも人気の制度です。

制度を利用するには、フィリピン政府退職庁が指定する銀行に、預託金として定期預金すること。金額はこの制度を利用する人の年齢などによって違いますが1万ドルから5万ドルです。

手続き終了後30日たてば、預託金はコンドミニアムの購入費や賃貸住宅の長期契約などに使えます。ただし、リタイアメントビザでは働くことができないので別途、外国人就業許可証が必要です。

なお、詳細については、フィリピン退職庁のホームページをご覧ください。

ビザ申請は余裕をもって

フィリピン、ビザ申請は余裕をもって

これまでフィリピン滞在に必要なビザの種類をご紹介しましたが、申請する際には、時間に余裕をもって手続きを行ってください。なぜなら、ひとつひとつの手続きにとても時間がかかるからです。

私も、結婚ビザの更新でマニラの入管に行ったことがありますが、その日は必要書類を提出しただけで、手続きは3日後と言われて唖然とした覚えがあります。日本ほど事務効率が良くないので、そのつもりでいたほうが慌てないですむと思います。

執筆者:ながとし(ペンネーム)

プロフィール:フィリピンのナガ市という地方都市の大学の近くで妻と二人で雑貨店と食堂を営んでいます。食堂のメニューは地元の学生に人気のカレーライスに親子どんぶり、焼肉定職と日本のB級グルメが中心。いつか彼らが日本に行った時、「あ、これ食べたことある!」と言ってくれるのが夢です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク